白色LEDの発光方式

LEDで白い光を作る代表的な方法に次の3つの方法があります。

白色LEDの発光方式

3色LED方式(マルチチップ)

赤・緑・青の三原色のチップを一つの発光源として、その割合により白色を発光する方式です。発熱は抑えられますが、演色性の高い白色を作るには不適で、見る角度に依存します。液晶バックパネル等には適しています。

近紫外LED+蛍光体(シングルチップ)

3波長形蛍光ランプと同じ発光方式です。

青色LED+蛍光体(シングルチップ)

青色発光ダイオードに黄色蛍光体を覆うことで白色を発光します。
発光効率は一番高いですが、赤色が不足する傾向があり、また製造時の個体差が出やすくもあります。
一般的な白色LEDです。

お問い合わせ

㈱ノア       

※このWebサイト上の文章、映像、写真などの著作物の全部、または一部を「株式会社ノア」の了承なく複製、使用することを禁じます。